Menu

b型肝炎は感染時期によって分類される

b型肝炎ウイルスは血液・体液を介して感染します。このウイルスが原因で起きるb型肝炎は、感染の仕方によってさらに一過性感染と持続感染の2つに分類されます。一過性感染と持続感染ではそれぞれ症状の現れ方やその後の経過が異なります。

少しでも悪化を防ぐためには、それぞれの特徴を知ることが大切です。また感染の仕方はb型肝炎ウイルスに感染した時期によっても異なります。感染時期についても把握しておきましょう。

b型肝炎の感染経路

肝炎ウイルスは遺伝子の型によって感染経路が異なります。b型肝炎ウイルスの場合、主な感染経路は体液・血液になります。まず体液ですが、b型肝炎ウイルスは性器から分泌される体液に多く含まれています。そのため性行為により感染することがあります。

ただし体液の種類によって、b型肝炎ウイルスの含まれている量は異なります。b型肝炎ウイルスの場合、唾液や汗にはあまり含まれていないため、食器の共有・軽いキス・握手で感染する確率は限りなく低いです。一方b型肝炎ウイルスは血液中に多く含まれています。

そのため、患者の血液に触れるとb型肝炎に感染する確率が非常に高くなります。「参考情報:アディーレ法律事務所:b型肝炎訴訟

b型肝炎ウイルスが含まれた血液が輸血に使われた場合はもちろんですが、注射器の針や筒を取り変えずに使いまわして使用した場合も感染する可能性があります。さらに歯ブラシ・タオル・カミソリなど血液が付着した道具を共有した場合も感染経路となります。

さらにb型肝炎ウイルスは感染力も強いため、かさぶたから感染することもあります。そしてb型肝炎ウイルスの場合、もう一つの感染経路として挙げられるのが、母子感染です。同じく血液・体液を感染経路とするc型肝炎の場合、母子感染する可能性は低いです。

一方b型肝炎の場合、出産時に生じる少量の出血で感染することがあります。b型肝炎は成長してから感染する場合もありますが、出生後すぐに感染する可能性もあるのです。

b型肝炎は2つに分類される

b型肝炎は感染の仕方とその後の経過により大きく2つに分類されます。一過性感染の場合、b型肝炎ウイルスに感染後、しばらくすると体内で自然に抗体が作られるようになります。抗体が作られると体内からb型肝炎ウイルスがほとんどなくなり、その後b型肝炎ウイルスに感染することもなくなります。

一方、抗体が十分作られず、b型肝炎ウイルスが体内に留まった状態になることもあります。この状態が持続感染です。持続感染になると肝臓に負荷がかかり続け、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が出てきます。

b型肝炎の一過性感染とは

b型肝炎ウイルスは感染したからといって、必ずしも症状が現れるわけではありません。そのためb型肝炎の一過性感染の場合、症状が現れるかどうかでさらに2種類に分類されます。症状が現れない不顕性感染の場合、b型肝炎ウイルスに感染したことに気づかないまま体内で抗体が作られ、自然治癒します。

一方顕性感染の場合、数か月間潜伏期間を経た後、食欲不振・全身倦怠感・嘔吐・黄疸・褐色尿といった症状が現れます。これらの急性肝炎の症状が現れた場合、栄養不足・水分不足に気をつけながら体内で自然に抗体が作られるのを待ちます。

体内で抗体が作られた後は体内からウイルスが排除され、肝臓の炎症も収まります。その後再びb型肝炎ウイルスに感染することもほとんどありません。ただし一過性感染で気をつけなければならない場合があります。それが劇症肝炎です。

劇症肝炎は急性肝炎の一種で、肝臓の炎症の状態がひどく、肝臓の機能が著しく低下した状態です。肝臓の機能が急激に悪化することで、40度近い発熱・全身倦怠感・吐き気などの症状が現れます。さらに肝臓にはアンモニア等体内で発生した有毒物質を分解する働きがあります。

肝臓の機能が低下するとアンモニアが脳までまわり、肝性脳症と呼ばれる意識障害を引き起こします。劇症肝炎を発症した場合、死亡率が非常に高いため、早急に対応する必要があります。この場合は抗生物質を投与するなどして、b型肝炎ウイルスをできるだけ早く減らす必要があります。

b型肝炎の感染経路とささくれを防ぐ重要性の詳細

b型肝炎の持続感染とは

b型肝炎の持続感染とは、b型肝炎ウイルスが体から消えず、6か月以上肝臓内にb型肝炎ウイルスが住み着いた状態を指します。持続感染の場合、多くはb型肝炎ウイルスが体内にあるものの、症状が現れない無症候性キャリアの状態になります。

この状態の時、症状そのものは現れませんが他の人に感染させる可能性が高いです。また免疫機能の急激な低下などによりb型肝炎ウイルスが再度活発化、急性肝炎を発症する可能性があります。b型肝炎の持続感染の場合、希に慢性肝炎に移行する場合があります。

慢性肝炎に移行した場合も、症状そのものはほとんど現れません。症状が現れたとしても倦怠感・食欲不振が見られる程度が多いです。ただし肝臓には持続的に負荷がかかっています。炎症と再生を繰り返すことで肝臓の組織が固くなり、肝硬変に移行します。

さらに細胞の再生が繰り返される過程で異常な細胞が生まれ、肝臓がんに移行することがあります。このように慢性肝炎を発症すると、気づかないうちに病状が進行、気がついた時には取り返しのつかないことになってしまいます。

そのため持続感染が疑われる場合は、経過観察が重要となります。

b型肝炎の再活性化の概念及び再活性化に関してb型肝炎訴訟で求められることとは

感染した時期によってその後の経過が異なる

b型肝炎には一過性感染と持続感染の2種類があります。どちらの経過をたどることが多いのかは、b型肝炎ウイルスに感染した時期によって異なります。成長してからb型肝炎ウイルスに感染した場合、一過性感染の場合が多いです。

免疫機能がb型肝炎ウイルスに対して反応、攻撃することが多いからです。

しばらく経過すると抗体も作られるため、一度症状が落ち着いた後は再び感染する確率が低くなります。成長してからb型肝炎ウイルスに感染した場合、持続感染に移行する可能性は低いです。ただし遺伝子の種類によっては慢性肝炎に移行する可能性が高いため、注意が必要です。

一方母子感染などで幼い頃にb型肝炎ウイルスに感染した場合は異なります。幼い頃は免疫機能がまだ不十分であるため、b型肝炎ウイルスを異物として判断していません。無症候性キャリアの状態のまま成長、免疫機能が発達することではじめて症状が現れるようになります。

何度か症状が現れた後徐々に抗体が作られていき、再び無症候性キャリアに移行していきます。幼い頃にb型肝炎ウイルスに感染した場合、無症候性キャリアから持続感染に移行する可能性が非常に高いです。そのため肝機能が悪化した時に少しでも早く気付くことができるよう、経過観察が重要となります。